MENU

50代はごまかしがきかない

50代になるとそれまでと違って、肌の悩みなどを簡単に隠すことができなくなってきます。

 

しかも、隠そうとすればするほど老けて見られるようになるので注意が必要です。

 

一般的にテレビに出てくる方でも50代以降の方はすごく厚塗りをしていて、服も派手な感じですよね?そうやって顔の衰えを隠そうとすればするほど年を強調していってしまうのです。

 

そうならないためにも、肌を根本から改善するようなスキンケアが必要になってくるのです。

 

今までのように表面的なケアでも肌に強さがあるからごまかせていたものの、50代になるともうごまかしは効かないということを肝に銘じておきましょう。

肌の防御力を高める

では50代以降ではどのようなスキンケアをするべきでしょうか?最も大切なのはお肌の防御力を高めることなのです。

 

肌というのは基本的に外側からの刺激から身を守るために、表面にバリアとして働く角質層と呼ばれる薄い膜があります。

 

年齢とともにこの角質層が劣化して肌を守る力が弱まっていくために、刺激に弱くなって肌が荒れやすくなったり、化粧品が合わなくなったり、日焼けなどの炎症も悪化しやすく、シミも残りやすくなるのです。

 

さらに角質層は皮膚の潤いを逃がさないようにする役割もあるため、乾燥肌の原因にもなるのです。

 

その他にもやシミといった加齢による肌トラブルが増えてくるのです。

 

この部分をおろそかにしたまま、いくら高級な化粧品を使ったところでなんの解決にもなりません。

 

まずは肌を健康にして刺激に対する耐性や水分を保つ機能をしっかりと取り戻すことが第一なのです。

角質層を整えるためには?

では肌を守るために欠かせない角質層をしっかりと健康に保つ、または健康な状態を取り戻すには何が必要でしょうか?その答えがセラミドなんです。

 

私たちの皮膚は実は隙間だらけなのですが、それをセラミドと呼ばれる油分が埋めることで、刺激と感じないようにガードしてくれたり、水分が逃げださずに済んでいるのです。

 

そのため、まずは老化によって皮膚から失われがちなセラミドを補給してあげる必要があるのです。

 

そうやって肌を守る力を高めてから、個別の悩みであるシミやしわなどの改善をしてするといのが正しい順序です。

 

刺激に弱い皮膚はそれでも何とかしようと皮膚に厚みを持たせたり、ちゃんとできてない皮膚で埋めようとしたりするため、どんどん刺激に弱く、毛穴の詰まりやくすみの原因になる角質が増えていってしまうのです。

 

このようにどんどんトラブルの起きやすい悪循環にはまらないように、まずは肌を整える、それから悩みを解決するための対処法を実行うするということをしっかりと実施していって下さい。

更新履歴