MENU

敏感肌はどうやってケアしたらいいの?

加齢にともなって多くなる悩みの1つとして敏感肌というものがあります。

 

今までは気にならなかったような刺激でも、痛みや赤みを発症させてしまうのです。

 

どうしてこのようなことが起こるのかというと、年齢とともに肌のバリアとしての機能を果たすために重要な脂質が減少して、外部からの侵入を防げなくなってしまうからです。

 

こうなるとスキンケアをするのも大変で、いろいろな化粧品が合わなくなるため、肌に合うものを探すだけでも大変です。

 

じゃあ、どうしたらいいのかというと、セラミドという成分を配合した化粧品を使用する必要があるのです。

 

では、セラミドってどんなものなのか、どうして中高年い必要なのか、そして、セラミドを配合したおすすめのコスメの紹介もしていきたいと思います。

セラミドってどんなもの?

セラミドは脂質の一種で、私たちの脳の白皮や、皮膚の一番上の層である角質層の細胞と細胞との間にある細胞間脂質の主成分でもあり、約50%を占めています。

 

もともと私たちの身体にある成分で、水分や脂質をしっかり挟み込んで逃さない性質があり、細胞の間のクッションのような役割、そして、角質層の細胞同士を癒着させて何層もの重なりを形成するためには欠かせない成分で、細胞同士の隙間を埋めて外的刺激の侵入から守るバリア機能を維持するためにも重要な成分です。

 

細胞間脂質の成分の中でも最も高い保水力があり、コラーゲンを安定化させる働きもあります。

 

このように、私たちの肌の水分を守り、潤いを与え、柔軟性を維持するなと、肌環境を整えるための重要な成分なのです。

中高年にセラミドがいい理由

セラミドはもともと私たちの身体にあり、若い肌はたくさんのセラミドによって細胞間が十分に満たされているので、水分はしっかり保たれ、柔軟性も正常に維持されています。

 

しかし、セラミドは環境・気候、さらに加齢により量が減少していってしまいます。

 

中高年の肌は、セラミドの減少により、角質層の細胞同士の間に隙間ができ、水分が逃げやすいために乾燥しやすく、外的刺激の侵入を防ぐためのバリア機能も低下しているため敏感で、柔軟性にも欠けている状態です。

 

そのため、不足したセラミドを補うことで保水力を回復させ、細胞間の隙間を満たし、バリア機能を高めることで肌を改善できることが期待されるためです。

セラミドを配合したおすすめのコスメ

では、セラミドを配合しているコスメはどんなものを使ったらいいのでしょうか?

 

私が実際に使ってみて良かったのは、ラメラエッセンスという美容液です。
(詳しくはこちら:ラメラエッセンスで内側から潤う効果を実感!

 

この美容液はかなり前から、加齢による肌の悩みは角質層のラメラ構造の乱れが原因であることを訴えていて、改善するのにはただ保湿するだけじゃダメだということでリン脂質を配合した美容液を推奨していたのです。

 

そのため、結構長い間販売実績があるし、大学の研究所と一緒に開発したりした美容液でもあるのです。

 

もしも乾燥肌や敏感肌に悩まされていて、いくら保湿をしても症状が改善しないという方は、ラメラエッセンスの使用を考えてみてほしいと思います。