MENU

40歳後半からシミが気になり始める。

45歳を超えてからシミが目立つようになりました。

 

30代の頃はシミとは無縁で、タカをくくっていた私はシミ対策としての日焼け止め等も一切使用していませんでした。

 

2人目の子供を出産してからは育児が忙しく、自分の美容に気を遣う時間もほとんどありませんでした。

 

ある日お化粧をしようと思って鏡の前に立つと顔の端にポツンと茶色のシミができていました。

 

最初はニキビ跡ですぐ消えるものだろうと思っていたのですがなかなか消えません。

 

とうとう私にもシミが出来てしまったのだと気づきました。

 

このまま以前の様に肌ケアをしないとさらにシミが増えてしまうと慌てた私は、それからネット等で調べてシミ対策をしっかりととるようになりました。

対策はできるだけ早くやる

シミ対策にはやはり紫外線を避けることが一番重要です。

 

紫外線を多量に浴びることで必要以上のメラニンが肌に生成蓄積され、シミの原因となります。

 

日焼け止めは朝起きたら外出の有無に限らず毎日つけるようにしています。

 

家の中にいても紫外線は窓から侵入してくるので,とにかく陽が出ている間は日焼け止めが欠かせません。

 

ちなみに私は8時間日焼け止めの効果があるというものを使用しています。

 

毎日お化粧をしているので日焼け止めをこまめに塗ることができません。

 

ジェル状の塗りやすい日焼け止めや、日焼け止め効果の高い物等、様々な種類が市場に出回っています。

 

自分のライフスタイルに合った日焼け止めを選ぶことが肝心です。

 

今のところ日焼け止めを毎日塗るようになってからは新たなシミはできていません。

シミ予防、対策は続けてこそ効果がある。

日焼け止めを毎日塗るようになってからは新たなシミはまだ見つかっていません。

 

何事も三日坊主でなく、長く続けていくことが重要です。

 

毎朝お化粧前に下地として塗るだけなので気軽に続けることができています。

 

シミはできてしまうと対処によって薄くはなっても完全になくすことは難しいです。

 

一度できてしまってから後悔しても遅いので出来る前に予防、対策をとることが大切です。

 

私もシミができるメカニズムをもっと早くから勉強して、シミ対策をしておけば良かったなと今更遅いですが後悔しています。

 

シミは一時的な対処で処置できるものではなく、長く付き合っていかなければなりません。

 

これからはこれ以上シミが増えないよう、シミ対策をしっかりと継続していきたいと思います。